沿革

1951年 中川防蝕工業株式会社創立
1952年 「給水管の電食防止法」に対し運輸省より科学技術応用助成金交付
1953年 「海中施設の電気防食法」に対し運輸省より科学技術応用助成金交付
1956年 三井金属鉱業と資本・技術提携
1965年 上尾鋳造加工工場開設。  アルミニウム合金陽極ALAPの鋳造開始
1966年 スカルペノード(ノルウェー)と船舶電気防食及び無機質塗料の販売提携
1981年 ウイン&コールズ社(英国)及びオーストラリアデンゾー社とPTC工法の技術供与契約
1991年 社名を株式会社ナカボーテックに変更し、シンボルマークを新しく設定
1993年 上尾新工場完成
1995年 株式店頭登録。  本社を中央区新川に移転
1997年 コープロ社(米国)と業務協力の覚書を締結
1998年 ISO9001認証取得
2004年 ジャスダック証券取引所に上場
2006年 羽田空港再拡張に伴う防食工事を受注
2008年 コンクリート構造物塩害対策としての流電陽極方式ALAPANEL®の現地施工を開始
2010年 倉敷岩盤備蓄基地の配管竪抗内に電気防食工法が採用
2011年 創立60周年
2013年 東京電力(株)富津火力発電所において、海生生物付着防止装置(KIHIパネル®)が採用
2014年 横浜市水道局において、C/Sマクロセル防止対策の新工法(マクロス®工法)が採用
2016年 東京都下水道局において立会川幹線整備工事に伴う仮設桟橋の延命補修工事に防食工事(塗装・ペトロラタムライニング・電気防食)が採用
2018年 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い南北線(沈埋函)
海の森水上競技場・新客船ふ頭等のインフラ整備に電気防食工法が採用
2019年 広島平和記念資料館の基礎杭に外部電源方式による電気防食工法が採用
2020年 健康保険組合連合会より「健康優良企業(銀の認定)」として認定
2022年 東京証券取引所スタンダード市場へ移行